2016年07月15日 (金)

大飯原発の地震想定 規制委の再計算に元委員が反論

K10010597271_1607151917_1607152056_01_02.jpg

 

福井県にある大飯原子力発電所で想定される地震の揺れについて、過小評価のおそれがあると指摘した原子力規制委員会の元委員が15日に記者会見し、規制委員会が再計算した結果見直す必要はないとした結論は不十分で「納得できない」として、より厳しい条件で計算をやり直すべきだと指摘しました。

大飯原発で想定される地震の揺れを巡っては、原子力規制委員会の島崎邦彦元委員が、審査で使われた地震の規模を予測する計算式では過小評価になるおそれがあると指摘していたもので、規制委員会は13日、別の計算式による再計算の結果を公表し、審査で了承された値を下回ったなどとして今の想定を見直す必要はないという結論で一致しました。
これについて島崎元委員は、15日に都内で記者会見し、「規制委員会の結論は納得できない」と反論しました。この中で島崎元委員は、審査の際と今回の再計算が同じ条件で比較されていないうえ、地震の揺れが計算以上になる「不確かさ」も考慮されていないなどとしています。そのうえで、現時点で安全側に立って計算すると、想定の揺れの856ガルを大幅に超えるとして「過小評価は間違いなく、規制委員会はより厳しい条件で計算をやり直すべきだ」と指摘しました。
今回の再評価については、地震の専門家からも手法が妥当かどうか検証が必要だという指摘が出ています。規制委員会では来週19日に、田中委員長が改めて島崎元委員と会って話を聞き、指摘に対する対応を検討するとしています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:20:56  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲