2016年07月15日 (金)

1年間のがん患者 初の100万人超の予測

K10010596231_1607150443_1607150445_01_03.jpg

ことし、国内で新たにがんと診断される患者は101万人に上り、初めて100万人を超えるとする予測を、国立がん研究センターが発表しました。

がんの患者数の予測は、毎年、国立がん研究センターが国や自治体のがん対策に役立ててもらおうと行っているものです。
それによりますと、ことし1年間に新たにがんと診断される患者は男性が57万6100人、女性が43万4100人の合わせて101万200人で、去年の予測よりも2万8000人増え、初めて100万人を超えるということです。
がんの種類別に見ますと、男性では、前立腺がんが最も多く9万2600人、次いで胃がんが9万1300人、肺がんが9万600人、大腸がんが8万4700人、肝臓がんが2万9000人などとなっています。
また、女性では、乳がんが最も多く9万人、次いで大腸がんが6万2500人、肺がんが4万3200人、胃がんが4万2600人、子宮がんが3万200人などとなっています。
一方、ことしのがんの死亡者数は、男性が22万300人、女性が15万3700人の合わせて37万4000人と予測され、去年の予測に比べおよそ3000人増加するということです。この結果は、インターネット上の「がん情報サービス」で公開されています。
国立がん研究センターがん登録センターの片野田耕太室長は、「高齢化の影響で、がんの、り患数は今後もしばらくは増え続ける見込みだ。国や都道府県などはこれらのデータをがん対策の立案や評価に役立ててほしい」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:04:01  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲