2016年07月21日 (木)

世界7大陸最高峰制覇の女子大学生「サポートに感謝」

K10010603551_1607211815_1607211822_01_03.jpg

世界7大陸の最高峰を日本人として最年少で登頂した19歳の女子大学生、南谷真鈴さんが21日に記者会見し、周りのサポートに感謝のことばを述べました。

早稲田大学2年生の南谷さんは今月4日、北アメリカ大陸の最高峰で標高6190メートルのデナリに登頂し、日本人として最年少の19歳で7大陸にある最高峰の登頂にすべて成功しました。これまでの日本人の最年少記録は22歳の男性でした。
21日に、東京・渋谷区で記者会見した南谷さんは「悪天候が回復するなどチャンスにも恵まれました。達成したときは爽快感と満足感を感じました。一緒に登頂したメンバーなど周りのサポートがあったので達成できました」と感謝のことばを述べました。
世界7大陸の最高峰のうち、最も標高が高いエベレストに登頂した日本人は、南谷さんで169人目、女性では18人目となりますが、10代で登頂に成功したのは南谷さんが初めてだということです。今後の目標について南谷さんは、来年3月にスキーで北極点を目指すなど、今後は登山以外の活動にも取り組みたいと話していました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:17:49  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲