2016年07月27日 (水)

大飯原発の従来の地震想定見直さず 改めて決定

K10010610491_1607271215_1607271217_01_03.jpg

福井県にある大飯原子力発電所で、想定される地震の揺れが過小評価のおそれがあると指摘された問題で、原子力規制委員会は、指摘を受けて行った再計算の結果は信頼できず、評価に使えないとするとともに、これまでの審査で十分安全側に立った評価をしているとして、従来の想定を見直さないことを改めて決めました。

大飯原発で想定される地震の揺れを巡っては、原子力規制委員会の元委員が審査で使われた計算式では過小評価になるおそれがあると指摘したことを受けて、別の計算式による再計算が行われ、その結果がそれまでの審査で了承された値を下回ったため、規制委員会は従来の想定を見直さないことをいったん決めました。
しかし、その後の議論で規制委員会は、再計算の結果は精度が高い数値とは言えず「判断は拙速だった」として、27日に再度検討しました。
検討の結果、今回の再計算は途中で矛盾が生じる信頼できないもので、従来の審査の結果との比較には使えないとするとともに、審査では、断層の総延長を長めに見積もるなど、十分安全側に立った評価をしているとして、想定を見直さないことを改めて決めました。
今回の問題を巡っては、専門家からより詳しい検討や今の想定の手法が妥当かどうか規制委員会による検証の必要があるという指摘も出ていますが、田中俊一委員長は、学会など専門家の間で新たな知見が示されないかぎりは、審査で使っている手法を見直さない考えを示しています。

原子力規制委「明確に判断した結論」

今回の判断について、原子力規制委員会の田中俊一委員長は会見で「きょうの委員会で明確にわれわれの判断をした。今後、学会などで、ほかのよりよい地震の想定の方法が示されれば、また検討する」と述べ、ひとまず議論を終わらせる考えを示しました。
一方、審査の際に「不確かさ」があることをどこまで見込んだ地震の想定をするか具体的に定められていないことについては、「熊本地震で観測された実際のデータがあるので、事前に予測した地震動とどういう関係になっているのか、原子力規制庁で調べて評価してもらう。このように一つずつ積み重ねながら、不確かさを確認していく」と述べ、熊本地震で得られた新たな知見を審査にどう取り入れるかを含め、中長期的な課題だという考えを示しました。

強震動予測の専門家「今の審査方法の検証を」

原子力規制委員会が大飯原発の地震の想定を見直さないことを改めて決めたことについて、地震の強い揺れの予測、強震動予測の専門家で、防災科学技術研究所の藤原広行部門長は「安全規制の立場からは、地震の規模が過小評価になるおそれがあるというのは懸念事項で、よい計算手法がないので検討できないとして結論を出しているのは、元委員の指摘に正面から答えていないという印象だ」と述べ、十分な議論が尽くされていないという見方を示しました。
そのうえで「まだ検討中の部分もあるが、熊本地震で新たな知見が得られ、地震の揺れが計算以上になる『不確かさ』も含めて、今の審査のやり方が本当によいのか検証し、審査の手法に反映させるべきだ。その意味で、今回の元委員の指摘は大切で、より時間をかけて検討するべきではないか」と指摘しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:18:04  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲