2016年07月28日 (木)

初登庁の三反園知事「川内原発 来月にも一時停止要請」

K10010611941_1607281229_1607281231_01_03.jpg

鹿児島県知事に新しく就任した三反園訓知事が初登庁し、全国で唯一稼働している川内原子力発電所について早ければ来月にも、九州電力に対し一時停止するよう要請する考えを改めて示しました。

今月10日に投票が行われた鹿児島県知事選挙で初当選した三反園知事は、28日午前9時半に鹿児島県庁に初登庁し、職員などから大きな拍手で迎えられました。知事室でいすに座った三反園知事は「ひと言で言えば、やるぞという雰囲気だ。どんな方でも入って来られる開かれた知事室にしたい」と話していました。

また記者会見では、全国で唯一稼働している川内原発について「熊本地震を受けて県民は不安に思っている。いったん停止して再点検、再検証すべきと選挙戦で訴えてきたが、できるだけ早く九州電力に強く申し入れたい」と述べ、来月下旬から9月上旬にも九州電力に対し一時停止するよう要請する考えを改めて示しました。

川内原発について九州電力は、原子炉を停止して行う定期検査を、1号機でことし10月から、2号機でことし12月から実施する計画を原子力規制庁に提出しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:18:19  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲