2016年07月29日 (金)

安倍首相 「8K」の医療分野応用を支援

K10010613911_1607291737_1607291739_01_02.jpg

安倍総理大臣は、今のハイビジョンより画質がはるかに鮮明な「8K」と呼ばれる映像技術の医療分野への応用について説明を受け、「国民の医療だけでなく、国際的にも大きな魅力になる」と述べ、こうした先端技術に対する支援を進める考えを示しました。

「8K」は、NHKが中心となって開発した画素数が今のハイビジョンの16倍ある映像技術で、医療分野に応用することで、革新的な医療サービスが実現できると期待されています。

安倍総理大臣は、29日に総理大臣官邸で、8K技術の医療分野への応用について検討してきた政府の検討会のメンバーらから映像を見ながら説明を受けました。このうち、内視鏡レンズに8Kカメラを組み合わせて行われた試験的な手術を紹介したミニ番組では、より微細な血管まで映し出され、安倍総理大臣も映像に見入っていました。

安倍総理大臣は「8Kの技術は、内視鏡手術を飛躍的に進化させ、手術の成功率も上がることが実感できた。こうした先端の医療技術を支援することが、国民の医療だけでなく、国際的にも大きな魅力になる」と述べ、こうした先端技術に対する支援を進める考えを示しました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:17:15  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲