2016年08月05日 (金)

ゲノム編集の新技術 DNA切らずに遺伝子書き換え

K10010622151_1608050441_1608050505_01_03.jpg

生物の遺伝子を自在に書き換えることができるとして注目されている「ゲノム編集」の研究で、従来より安全に高い精度で遺伝子を操作できる新しい技術を神戸大学などの研究グループが開発し、薬の開発や遺伝子治療にも応用できるとして、注目されています。

この技術を開発したのは、神戸大学科学技術イノベーション研究科の西田敬二特命准教授らの研究グループです。
「ゲノム編集」は、生物の遺伝子をねらいどおりに操作するいわば生命の設計図を自在に書き換えることができる技術として世界中で多くの研究が進められています。
グループによりますとこれまでのゲノム編集の技術では遺伝子を操作する際にDNAを切断する必要があるため予想外の反応が出ることが多く、時には細胞が死んでしまうこともあったということです。
グループでは「デアミナーゼ」と呼ばれる酵素を使って、DNAの特定の部分に直接、反応させることでDNAを切断することなしに遺伝子を書き換えることに成功したということです。
DNAを切断しないため安全性が高いうえに非常に高い精度で狙った部分だけを書き換えることができるということです。
西田特命准教授は「従来、難しかった精密にDNAを変えたいというニーズに応えられる。細胞への安全性が高いので植物の品種改良や薬の開発などが加速されるだけでなく、遺伝子治療にも応用が期待できる」と話しています。
この研究成果は、5日発行のアメリカの科学雑誌「サイエンス」のオンライン版に掲載されます。

ゲノム編集 広がりと課題

ゲノム編集の技術を巡っては研究者の間で大きな期待が寄せられている反面、ヒトへの応用をどこまで進めるべきか倫理的な課題も指摘されています。
ゲノム編集はこれまでの遺伝子組み換え技術よりもはるかに正確にゲノムと呼ばれる生物の遺伝情報を書き換えられることが特徴です。4年前コストを大幅に下げる技術が発表されて以降、世界中の研究者の間に急速に広がりました。
これまでに、高級魚として知られるマダイを通常の1.5倍程度の重さにまで大きくしたり、藻の遺伝子を操作して油を多く作らせたりすることに成功していて、アメリカではエイズ治療への応用も進められています。
一方、中国ではゲノム編集の技術をヒトの受精卵に応用し、遺伝情報を書き換えたとする研究も発表されていて、世代を超えて受け継がれるヒトの遺伝子の改変をどこまで行ってよいのか、倫理的な議論も呼んでいます。

投稿者:かぶん |  投稿時間:03:58  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲