2016年08月24日 (水)

仏の原発にもろい合金使用の疑い 国内の原発も調査へ

K10010651721_1608240538_1608240540_01_03.jpg

フランスで建設中の原子力発電所で、原子炉の一部に比較的もろい鉄の合金が使われている疑いがあることがわかり、原子力規制委員会は国内の原発にも同じような問題がないか調査するよう電力会社に指示することになりました。

原子力規制庁によりますと、フランスのメーカーが輸出用として製造した原子炉の壁の一部となる部品に、基準以上に炭素を多く含んだ鉄の合金が使われていることが分かりました。
鉄は炭素を多く含むともろくなる性質がありますが、同じ部品はフランスで建設中の原発にも使われていることから、フランスの規制当局は、この部品も炭素を多く含んでいる疑いがあると見て調べています。
この問題を受けて、原子力規制委員会は、国内の原発でも問題の部品と同じ方法で製造されたものがないか調査するよう全国の電力会社に指示することになりました。
この中では、国内のすべての原発について原子炉の壁など安全上重要な設備を対象に、メーカーや製造方法などを調べて来月中に報告するよう求める方針です。
日本の基準では、フランスで問題となっているものと同じ部品の場合、炭素の割合は0.25%以下と定められていて、規制委員会ではフランスと同じ製造方法のものがあった場合、当時の記録などを調べて基準を満たしているか確認したいとしています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:04:45  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲