2016年09月14日 (水)

原子力規制委 北九州の鉄鋼メーカー製造の原発部品の調査急ぐ

K10010686121_1609142005_1609142049_01_02.jpg

フランスの原子力発電所で、炭素が多く含まれた比較的もろい鉄の合金が使われた疑いが出ている問題で、原子力規制委員会は、北九州市の鉄鋼メーカーが製造した部品に、基準以上の炭素が含まれていたことが新たにわかったと明らかにしました。この鉄鋼メーカーの部品は、日本の原発にも使われていて、規制委員会は、問題が無いか調査を急ぐことにしています。

この問題で、原子力規制委員会は14日の会合で、フランスの規制当局が調査した結果、フランスの複数の原発で北九州市の鉄鋼メーカー、日本鋳鍛鋼が製造した蒸気発生器の部品に、基準以上の炭素が含まれていたことが新たに明らかになったと報告しました。
これらは「鍛造」と呼ばれる方法で製造されていて、方法自体に問題は無いものの品質管理などを誤ると炭素が多く含まれる可能性があるということです。

原子力規制委員会は先月、国内の原発で、鍛造で作られている原子炉の部品について、当時の記録などを基に問題が無いか調べ報告するよう電力各社に求めていますが、さらにこのメーカーが製造し、一般的に炭素が多く含まれやすい「おわん型」に加工した部品を使っている原発を優先して調査を急ぐよう原子力規制庁に指示しました。
優先した調査には、少なくとも高浜原発2号機など停止中の5原発6基が該当し、増える可能性があるということです。

日本鋳鍛鋼は、「フランスと日本の原発の部品は、原発メーカーから出された部品の仕様に基づいて製造も検査も行っていて、問題は無かったと認識している。電力各社の調査には、協力していきたい」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:20:49  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲