2016年09月17日 (土)

豊洲市場 地下水に微量のヒ素・六価クロム 環境基準下回る

K10010690201_1609171852_1609171911_01_03.jpg

豊洲市場の土壌の汚染対策をめぐる問題で、東京都は、盛り土が行われていなかった市場の建物の地下にたまった水について調査した結果を発表しました。検査項目とした7種類の有害物質のうち、ベンゼンやシアンなど5種類は検出されなかった一方で、環境基準を下回る微量のヒ素と六価クロムが含まれていたことがわかりました。

豊洲市場の土壌汚染対策をめぐっては、東京都が専門家の提言に反して建物の地下には盛り土をしていなかったことが明らかになり、主要な建物の地下に設けられた空洞には水がたまっています。

東京都は今月13日に水を採取し、豊洲市場で過去に検出された有害物質を検査項目として成分を調べた結果を17日、発表しました。
それによりますと、検査項目とした7種類の有害物質のうち、ベンゼンやシアン化合物、鉛、水銀、それにカドミウムの5種類は検出されませんでした。
一方で、環境基準を下回り、基準の1割から3割程度の微量のヒ素と六価クロムが含まれていたことがわかりました。

この結果について、都の担当者は「結果については問題ないと考えている。ただ、今後開かれる専門家会議で指摘などを受ければ、追加の調査を検討する」と話しています。
専門家会議の平田健正座長も、17日の記者会見で、「環境基準を下回っているので全く問題はない。たまった水は、地下水の影響が大きいのではないかと考えられる」と説明しています。
そのうえで、平田座長は「ベンゼンは揮発性のため、もし含まれていたとしても濃度は低かったと思うが、地下の空洞の大気を測ってみないとわからない」と述べ、水に加え大気の分析の必要性を指摘しました。

東京都は、この問題を受けて地下の空洞に新たに測定器を設置し、15日から大気の調査を進めています。16日午後6時までの24時間に採取した大気を専門の機関で分析し、ベンゼンなどが含まれていないか確認することにしています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:11:54  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲