2016年09月20日 (火)

台風16号 九州と四国が暴風域に 四国で非常に激しい雨

K10010694041_1609200804_1609200807_01_03.jpg

強い台風16号は九州と四国を暴風域に巻き込みながら東へ進んでいて、この時間は、四国で非常に激しい雨が降っています。記録的な大雨となっている九州南部などでは、土砂災害や川の氾濫の危険性が非常に高まっていて、気象庁は、土砂災害や川の増水と氾濫などに厳重に警戒するよう呼びかけています。

気象庁の発表によりますと、強い台風16号は、20日午前0時すぎに鹿児島県の大隅半島に上陸し、午前8時には、高知県の足摺岬付近1時間にを35キロの速さで東北東へ進んでいると見られます。
中心の気圧は960ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は40メートル、最大瞬間風速は55メートルで、中心から半径110キロ以内では風速25メートル以上の暴風が吹いています。

この時間は、宮崎県と大分県、愛媛県、それに高知県が台風の暴風域に入っていて、午前7時すぎには高知県の足摺岬で32.5メートルの最大瞬間風速を観測しました。

19日夜から20日明け方にかけては、九州南部で記録的な大雨となり、鹿児島県が南九州市に設置した雨量計で午前0時50分までの1時間に1時間に159ミリの猛烈な雨を観測したほか、宮崎県でも宮崎市や都城市などで110ミリ前後の猛烈な雨が降りました。
また、宮崎県日向市では午前6時までの12時間に降った雨の量が519.5ミリと、半日で平年の9月1か月分のおよそ1.4倍の雨が降る記録的な大雨となっています。

これまでに降った雨で、宮崎県と大分県、熊本県、愛媛県、高知県、それに徳島県では土砂災害の危険性が非常に高くなり、「土砂災害警戒情報」が発表されている地域があるほか、宮崎県と大分県、それに山口県では氾濫のおそれがある「氾濫危険水位」を超えている川があります。

台風は、このあと太平洋側を東寄りに進むと予想され、西日本と東日本では20日夜にかけて雷を伴い1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降り、西日本の太平洋側を中心に局地的に猛烈な雨が降るおそれがあります。

21日朝までに降る雨の量は、近畿で300ミリ、四国と東海で250ミリ、伊豆諸島で200ミリ、北陸で180ミリ、関東甲信で150ミリ、九州と中国地方で100ミリと予想されています。

風も非常に強まり、西日本の太平洋側では20日昼すぎにかけて、猛烈な風が20日夜にかけて非常に強い風が吹き、東日本では、20日昼すぎから21日の明け方にかけて非常に強い風が吹く見込みです。

21日にかけての最大風速は、九州南部で35メートル、四国で30メートル、九州北部と近畿で25メートル、東海で20メートルで、最大瞬間風速は九州南部で50メートル、四国で45メートル、九州北部と近畿、東海では30メートルから35メートルと予想されています。

波の高さは九州と四国から東海にかけての太平洋側で、6メートルから8メートルの大しけとなる見込みです。

気象庁は土砂災害や川の増水と氾濫、低い土地の浸水、それに暴風や高波に厳重に警戒するとともに、落雷や竜巻などの突風にも十分注意するよう呼びかけています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:08:07  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲