2016年09月23日 (金)

世耕経産相 今後の高速炉の開発「官民一体で」

K10010704021_1609231235_1609231246_01_02.jpg

政府が高速増殖炉「もんじゅ」を廃炉を含めて抜本的に見直す一方、高速炉の開発の継続を決めたことについて、世耕経済産業大臣は23日の会見で高速炉の今後の開発に向けては官民一体で取り組むことが重要だという考えを示しました。

政府は、21日開かれた原子力関係閣僚会議で、高速増殖炉「もんじゅ」について年末までに廃炉を含め抜本的な見直しを行うとともに、新たに「高速炉開発会議」を設置し、今後の高速炉開発の方針を策定することを確認しました。

これに関して、世耕経済産業大臣は閣議のあとの会見で、高速炉の今後の開発について、「電力会社やメーカーの協力を得てオールジャパンの体制をどうやって構築するかがポイントだ」と述べ、官民一体で取り組むことが重要だという考えを示しました。

また、もんじゅの廃炉を含む抜本的な見直しについて、世耕大臣は「扱いはまだ結論を得たわけではなく、もんじゅが得られた技術的知見や専門人材について会議で評価し、総括することになる。現段階でもんじゅの成果について評価するのは早い」と述べました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:12:46  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲