2016年10月07日 (金)

類人猿も他者の立場で行動を推測か 京都大など研究

K10010720891_1610070729_1610070740_01_02.jpg

チンパンジーなどの類人猿に特定の映像を見せ、どこに注目しているか、特殊な装置で分析したところ、映像に登場する人の立場に立って行動を推測していると見られることがわかったと、京都大学などのグループが発表しました。こうした能力はこれまでヒトにしか備わっていないと考えられてきたということです。

京都大学野生動物研究センターの平田聡教授やドイツの研究機関などでつくるグループは、チンパンジーやボノボなど40頭の類人猿に、心理テストを参考に作られた映像を見せ、画面のどこに注目しているか、特殊な装置で分析しました。
はじめに、左右2つの干し草の山のうち片方に動物が逃げ込み、それを見た人が動物が隠れた干し草を棒でたたくという内容の映像を見せました。続いて、動物がいったん隠れたあと、人が見ていない隙にこっそり逃げ出したという映像を見せると、その後、40頭のうち半数の20頭が、動物がいったん隠れたほうの干し草に注目し、別の干し草に目を向けたのは10頭だったということです。
研究グループは、動物が逃げたことを知らない人の立場に立って行動を推測していると見られると分析しています。
平田教授は「こうした能力はこれまでヒトにしか備わっていないと考えられてきたが、類人猿も持つと考えられる。心の進化の過程を解き明かすきっかけになる」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:07:40  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲