2016年10月07日 (金)

こうのとり6号機 予定より遅れ12月打ち上げへ

K10010721111_1610071155_1610071156_01_02.jpg

配管のトラブルで打ち上げが延期されている日本の宇宙輸送船「こうのとり」の6号機は、当初より2か月以上遅れ、ことし12月9日に打ち上げられることになりました。

国際宇宙ステーションに物資を運ぶ日本の宇宙輸送船「こうのとり」の6号機は、今月1日の打ち上げに向けて鹿児島県の種子島宇宙センターで準備が進められていましたが、配管の点検中にガス漏れが見つかり、打ち上げを延期して機体の修理が行われていました。

JAXA=宇宙航空研究開発機構によりますと、これまでに修理は完了し、国際宇宙ステーションを運用している各国とも調整した結果、「こうのとり」6号機は当初より2か月以上遅れて、ことし12月9日の午後10時26分に「H2Bロケット」で打ち上げられることになりました。

今回の「こうのとり」では、国際宇宙ステーションの新たな主電源として採用された日本製のリチウムイオン電池も送り届けられる予定で、国際宇宙ステーションの基盤となる重要な設備に日本製の機器が取り付けられるのは初めてのことになります。

投稿者:かぶん |  投稿時間:11:17  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲