2016年10月13日 (木)

東電 火災受け同タイプのケーブル緊急点検へ

K10010728891_1610131912_1610131915_01_03.jpg

埼玉県新座市にある東京電力の地下の施設で起きた送電線のケーブルが燃えた火災を受けて東京電力は13日会見を開き、燃えたケーブルと同じ設置から35年以上がたっている古いタイプのケーブルは総延長で1000キロ以上あり、14日にかけて異常がないか緊急点検を行うことを明らかにしました。

今回の火災で燃えたケーブルについて、東京電力は電気が流れる銅線の外側に絶縁体として、油を染み込ませた紙を何重にも巻きつけるOFケーブルと呼ばれる古いタイプのもので、絶縁体が何らかの理由で損傷した場合には大きい電流が流れて出火するおそれがあり、それが油に引火してほかのケーブルに被害が広がることが考えられるとしています。

これについて東京電力は会見で、同じタイプのケーブルは平成24年末の時点で総延長で1416キロあり、このうち、燃えたのと同じ35年以上経過しているのは、7割以上にあたる1008キロに上っていて、中には50年以上が経過しているケーブルも40キロ分、含まれていると説明しました。

こうしたケーブルの交換について、東京電力の担当者は「OFケーブルは昭和40年代から50年代に多く設置され、その後、油を使わないケーブルへの切り替えが進められているが、東京の都市部では、道路事情などから作業時間が限られるなど、条件が整わないと進められず、少しずつ進めているのが実情だ」と話しています。そのうえで、これらのケーブルのうち、同じ27万5000ボルトの送電線は油圧や油の量から油漏れがないかを確認したり、劣化していないかを調べたりする緊急点検を実施し、14日までに終えるとしています。

また、東京電力は13日の調査で撮影した地下施設の画像を公表し、それによりますと、本来ケーブルを覆っているカバーが溶け落ちてケーブルが黒ずんでいるのが見え、火災が広がった状況がとらえられています。ただ施設内には消火作業に使った水がたまっているため、13日は火元の特定など詳しい状況は確認できなかったということで、13日夜からバキュームカーなどを使って水を抜く作業を行い、終わりしだい火元付近の状況を調べるとしています。

日本電線工業会 使用は30年を推奨

電線の事業者や技術者で作る日本電線工業会の高坂秀世技術部長は「電線を使用する環境や保守管理の頻度によって一概には言えないが、過去の実績などから電線の使用期間は一般的に30年を目安とするよう推奨している」と話しています。

また、燃えたケーブルが漏電を防ぐ絶縁体として、油を染み込ませた紙を中心部の銅線の周囲に巻き付けるタイプだったことについて、「技術的には古いタイプのもので最近では、だんだん使われなくなってきている。交換する際に別の新しいタイプに変えるケースが多いのではないか」と話しています。

2年前 ケーブル劣化に警鐘の論文

火災を起こしたタイプの送電線のケーブルを巡っては、条件によっては想定以上に劣化が進むとして、計画的に交換する必要性を指摘するリポートが、2年前に公表されていました。

このリポートは、茨城県日立市にある送電線のケーブルの販売などを行っているジェイ・パワーシステムズの技術者が、おととし7月、専門誌に投稿しました。この中では、今回のものと同じ銅線の周囲に絶縁用の油をしみ込ませた紙を巻きつけたタイプのケーブルについて、「劣化は非常に緩やかだと考えられてきた」と指摘しています。

ところが、およそ30年間使われたケーブルの内部を調べたところ、絶縁用の紙が部分的に焼け焦げて炭化しているのが見つかったということです。こうした焼け焦げは、絶縁用の紙に寄った「しわ」の周囲で見られたため、リポートでは、しわの部分で絶縁の性能が落ち、放電が起きていたと考えられるとしています。

そして、放電によって紙が炭化して絶縁の性能がさらに落ちるという繰り返しで、局所的に紙が破損し、絶縁が失われることが推定されるとしています。そのうえで、条件によっては想定よりも劣化が進む可能性がある一方、従来の点検方法では必ずしも劣化を把握できるとはいえないとして、X線を使った調査を組み合わせるとともに、計画的な交換も必要だと結論づけています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:18:36  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(1) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(1)

停電があったので、この界隈かな、と思っていたら、
東京全域が停電だったので、驚きました。
初めてです。
こんなこともあるんですね。
絶縁体の巻き紙が、老朽化していたんですってね。
35年も変えていないと聞いて、、、、
30分程度の停電でしたが、炊飯器など止まって不自由しました。
パソコンなど使う方は、とくにお困りだったと思います。
今回の30分で改善策を喚起されたことは、むしろよかったかも知れません。

投稿日時:2016年10月14日 17:51 | 雪うさぎ

コメントの投稿

ページの一番上へ▲