2016年10月19日 (水)

中国の有人宇宙船 宇宙実験室とドッキング成功

K10010734731_1610191019_1610191022_01_02.jpg

独自の宇宙ステーションの完成を目指す中国で、17日に打ち上げられた有人宇宙船が、19日、宇宙実験室とドッキングし、その後、2人の宇宙飛行士が実験室に移りました。今後、2人は30日間にわたって実験室に滞在する予定で、技術力を高めたい考えです。

宇宙船「神舟11号」は、空軍パイロット出身の2人の宇宙飛行士を乗せ、17日に中国内陸部にある発射センターから打ち上げられました。「神舟11号」は、日本時間の19日午前4時半すぎ、高度393キロ付近で、先月打ち上げた宇宙実験室「天宮2号」とドッキングし、そのおよそ3時間後、2人の宇宙飛行士が相次いで実験室へと移りました。
国営テレビは、実験室に移った2人がカメラに向かって手を振る様子などを中継で伝え、「新たな歴史を切り開いた」と、今回のプロジェクトを大々的に取り上げています。

ドッキングを行った高度は、中国が2022年ごろに完成を目指している独自の宇宙ステーションの想定高度とほぼ同じだということです。今後、2人の宇宙飛行士は、中国としては、これまでで最長になる30日間にわたって宇宙に滞在する予定です。

さらに、来年には、物資を届ける宇宙輸送船「天舟1号」も打ち上げて、この宇宙実験室にドッキングさせる計画です。中国としては、相次ぐ打ち上げやドッキングを通して、独自の宇宙ステーションの運用のための技術力を高めたい考えです。

投稿者:かぶん |  投稿時間:08:39  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲