2016年10月25日 (火)

宇宙飛行士の大西卓哉さん 今月30日に地球帰還へ

K10010743641_1610251655_1610251701_01_02.jpg

ことし7月から国際宇宙ステーションに滞在していた日本人宇宙飛行士の大西卓哉さんは、およそ4か月間の任務をまもなく終え、日本時間の今月30日に地球に帰還する見通しとなりました。

宇宙飛行士の大西卓哉さんは、日本時間の23日アメリカの宇宙輸送船をロボットアームでキャッチするなど重要な任務を無事に果たし、ことし7月からおよそ4か月間にわたった長期滞在をまもなく終えます。

大西さんは、日本時間の今月30日にロシアの宇宙船「ソユーズ」で地球に帰還する見通しとなり、当日は日本時間の午前6時15分ごろアメリカとロシアの2人の宇宙飛行士とともに乗り込み、扉が閉められます。
大西さんらが乗り組む「ソユーズ」は、午前9時半すぎに国際宇宙ステーションを離れて、正午ごろ大気圏に突入する飛行に移ります。そして午後1時ごろ中央アジア・カザフスタンの平原に着陸する予定です。

大西さんは自身のブログに地球への帰還を前に大きな任務となったアメリカの宇宙輸送船のキャッチについて書き込み「自分の腕にミッションの成功がかかっていると思うと、手に汗をかきました。しっかりと役目を果たせたのでよかったです」と任務の達成を喜ぶ気持ちを表していました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:16:30  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲