2016年10月31日 (月)

首相 ノーベル賞の大隅さんと面会 基礎研究支援充実を

K10010750641_1610311401_1610311411_01_02.jpg

安倍総理大臣は、ノーベル医学・生理学賞の受賞者に選ばれた東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんと総理大臣官邸で面会し、功績をたたえたうえで、基礎研究に対する支援の充実に取り組んでいく考えを示しました。

この中で大隅さんは、みずからのノーベル賞受賞を記念して作られた日本酒をプレゼントしたうえで、「今後は基礎科学や若手の育成が大事になる」などと述べました。

これに対し、安倍総理大臣は「大隅先生は『誰もやっていないことのないことをやる』という理念で、さまざまなチャレンジを続けてきたが、基礎研究の重要性について改めて証明してくれた。政府としても今後、基礎研究にしっかりと光を当てていきたい」と述べました。

面会のあと大隅さんは記者団に対し、「安倍総理大臣から、基礎科学が大切だということや若手の育成にこれから力を入れるという話をいただき、大変心強く思った」と述べました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:14:11  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲