2016年11月07日 (月)

玄海原発3・4号機 再稼働に向け審査書案取りまとめへ

K10010758941_1611072014_1611072232_01_02.jpg

佐賀県にある玄海原子力発電所3号機と4号機について、原子力規制委員会は、再稼働の前提となる新しい規制基準の審査に事実上合格したことを示す審査書の案を、9日に取りまとめる見通しとなりました。ただ、今後、検査や地元の同意などが必要で、九州電力の目指す再稼働は早くて来年の夏以降になると見られます。

玄海原発3号機と4号機の審査をめぐっては、これまでに具体的な議論がほぼ終わり、引き上げられた最大規模の地震の揺れの想定や、当初、免震構造としていた緊急時の対応拠点を耐震構造にすることなどの対策が了承されています。

これを受けて原子力規制委員会は、再稼働の前提となる新しい規制基準の審査に事実上、合格したことを示す審査書の案を、9日の定例会で議論し、取りまとめる見通しとなりました。
審査書の案が取りまとめられれば、去年再稼働した鹿児島県の川内原発などに続いて全国で5か所目です。

ただ、今後、詳しい設備の設計の認可や検査、それに地元の同意が必要なため、九州電力の目指す玄海原発の再稼働は、早くて来年の夏以降になると見られます。

投稿者:かぶん |  投稿時間:22:32  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲