2016年11月11日 (金)

汚染水 トリチウムの処分 風評被害を議論

K10010765391_1611111815_1611111817_01_03.jpg

東京電力福島第一原子力発電所の汚染水に含まれ、取り除くのが難しい「トリチウム」と呼ばれる放射性物質の処分方法をめぐり、風評被害などの観点から議論する国の有識者会議の初会合が開かれ、委員からは「地域に納得感があり、社会が受け入れられる方法を考える必要がある」といった意見が出されました。

福島第一原発で、現在も増え続けている汚染水に含まれ、取り除くのが難しい「トリチウム」と呼ばれる放射性物質について、経済産業省の専門家チームは、ことし5月、海への放出や地中への処分といった選択肢のうち、薄めて海に放出する方法が最もコストが安く、最短で処分できるとする評価結果をまとめています。一方、処分を実際に行う場合に、消費者の不安や地元が受ける風評被害といった社会的な観点からの議論はされておらず、経済産業省は環境カウンセラーや福島県出身の社会学の専門家などを委員とする有識者会議を新たに設けました。

初会合の11日は、今後、議論するテーマなどについて委員から意見が出され「地域に納得感があり、それを社会が受け入れられる方法を考えなくてはならない」とか、「私たちにどう影響するのかなどを示し、丁寧に情報発信する必要がある」などと述べていました。

有識者会議は今後の議論を踏まえて処分方法の評価結果を取りまとめることにしていますが、その時期は決まっていないということです。

投稿者:かぶん |  投稿時間:15:57  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲