2016年11月14日 (月)

今夜はスーパームーン 月と地球が最も接近

K10010768461_1611141809_1611141814_01_02.jpg

14日夜、月と地球が、ことし1年で最も接近します。満月の日とも重なり、14日夜の月は、特に大きく明るい「スーパームーン」となっています。

14日は全国的に雨や曇りの地域が多くなっていますが、東北や北海道、沖縄県で「スーパームーン」となった満月が観測されています。国立天文台によりますと、14日夜は、月と地球が、ことし1年で最も接近し、満月の日とも重なることから、14日夜の月は、ことし1年で最も大きく明るい月になっています。

14日夜の月と地球の距離は、およそ35万6500キロと、月と地球の平均の距離より2万7000キロ余り短く、満月としては、昭和23年以来、68年ぶりの近さとなっています。14日夜の満月を、ことし最も小さな満月となった4月22日と比べると、見かけの直径はおよそ1.14倍になり、見かけの面積と明るさは、いずれもおよそ1.3倍になります。

国立天文台によりますと、14日夜、月が地球に最も接近するのは、午後8時21分で、その後、午後10時52分に月が完全に満ちた状態になるということです。

14日夜のような満月の接近は、毎年のように起きていて、特に大きく明るい満月は、天文学の用語ではありませんが、広く一般に「スーパームーン」という通称で親しまれています。

今回は、68年ぶりの近さとなっていますが、国立天文台によりますと、「去年最も大きかった満月」と、「68年ぶりの近さとなる今夜の満月」とでは、見かけの月の大きさにはほとんど違いがないくらいわずかな距離の差しかないということです。

投稿者:かぶん |  投稿時間:17:46  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲