2016年11月22日 (火)

死んだナベヅルから鳥インフルのウイルス 鹿児島

K10010780671_1611222003_1611222051_01_02.jpg

国内最大のツルの越冬地、鹿児島県出水市で、死んだナベヅルから高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されました。国内の野鳥から検出されたのは今シーズン初めてです。

鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは、今月18日から19日にかけて出水市の水田で死んでいるのが見つかったナベヅル2羽のうちの1羽で、鹿児島大学が遺伝子検査を行っていました。

鹿児島県によりますと、検出されたのは「H5N6亜型」という鳥インフルエンザウイルスで、もう1羽からも鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ていることから、引き続き検査が行われています。

環境省によりますと、国内の野鳥から高病原性の鳥インフルエンザウイルスが検出されたのは、今シーズン初めてだということです。出水市では、ほかにも20日から21日にかけて見つかった死んだナベヅル3羽からも陽性反応が出ているということです。

国内最大のツルの越冬地として知られる出水市では、環境省の緊急の調査チームが死んだ野鳥がいないか調査を行っているほか、県も半径3キロの区域にある養鶏場を対象に立ち入り検査を行い、ニワトリに異常がないか調べています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:20:54  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲