2016年11月24日 (木)

授賞式前に大隅さんを祝福 歴代ノーベル賞受賞者

K10010781961_1611240107_1611240432_01_02.jpg

ノーベル賞の授賞式が来月、スウェーデンで開かれるのを前に、23日夜、東京のスウェーデン大使館で祝賀会が開かれ、医学・生理学賞を受賞する東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんが、歴代のノーベル賞受賞者らから祝福を受けました。

東京・六本木にあるスウェーデン大使館公邸で23日夜に開かれた祝賀会には、ことしのノーベル医学・生理学賞を受賞する東京工業大学栄誉教授の大隅良典さんを祝福しようと、歴代の日本人のノーベル賞受賞者ら90人余りが集まりました。

はじめに、スウェーデンのローバック大使が「日本人がノーベル賞を受賞するたびに『日本人の受賞はこれで最後では』といった声が聞かれますが、ことしで3年連続の受賞です。日本は科学大国で、大隅さんのあとも受賞は続くでしょう」とあいさつし、笑いを誘いました。

このあと大隅さんは、去年ノーベル賞を受賞した大村智さんや梶田隆章さんなど歴代の受賞者らと乾杯し、祝福を受けていました。

大隅さんは「歴代の受賞者の先生方からノーベル賞をもらったら、いかに大変な生活になるか聞きました。ふだんと違う今の生活がいつまで続くのか心配で、早く一人の研究者に戻れればいいと思いますが、ノーベル賞の授賞式は一生に一度しかないので楽しみたいです」と話していました。

ことしのノーベル賞の授賞式は、スウェーデンのストックホルムで、現地時間の来月10日に行われます。

投稿者:かぶん |  投稿時間:04:32  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲