2016年11月28日 (月)

新潟 関川村 ニワトリ5羽から鳥インフルエンザの陽性確認

K10010787241_1611281921_1611281922_01_03.jpg

新潟県関川村の31万羽のニワトリを飼育している養鶏場で28日朝ニワトリが相次いで死んでいるのが見つかり、簡易検査が行われた5羽から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ました。新潟県は詳しい検査を行うとともに、この養鶏場の半径10キロ以内にある養鶏場などに対して、ニワトリや卵などの移動を自粛するよう要請しました。

新潟県によりますと、28日午後、関川村の養鶏場から「不審な死に方をしているニワトリが増えている」という通報がありました。県によりますと、鶏舎の中で28日朝、20羽ほどが死んでいるのが見つかったあと、午後にも20羽ほどが死んでいるのが見つかったということです。

新潟県がこの養鶏場のニワトリ5羽を簡易検査した結果、5羽とも鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たということです。この養鶏場では31万羽を飼育していて、県は鳥インフルエンザの疑いがあるとして、この養鶏場への部外者の立ち入りを制限し、出入り時の消毒の徹底を指示しました。また、この養鶏場から半径10キロ以内にあるおよそ60の養鶏場などに対して、ニワトリや卵などの移動を自粛するよう要請しました。

新潟県は午後6時半から連絡会議を開き、情報の共有を図るとともにウイルスの遺伝子を調べる検査などを行っていて、結果は29日午前1時ごろにも判明するということです。

連絡会議のあと、新潟県の担当者は「遺伝子検査の結果で、鳥インフルエンザウイルスが確認された場合は、養鶏場で飼育している31万羽すべてを殺処分して穴に埋める作業に入る。24時間態勢で速やかに行いたい」と話しました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:19:54  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲