2016年11月28日 (月)

青森で飼育のアヒル 簡易検査で鳥インフルエンザの陽性反応

K10010787211_1611281922_1611281923_01_03.jpg

青森市の農場で飼育されていたアヒル10羽が死んでいるのが見つかり、簡易検査の結果、一部から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出ました。県はさらに詳しく調べるとともに、周辺の農場に対して、飼っているニワトリなどの移動を自粛するよう要請しました。

青森県によりますと、食用のアヒルを飼育している青森市内の農場から28日朝、「死ぬアヒルの数が増えている」と連絡がありました。県が調べたところ、アヒル10羽が死んでいるのが見つかり、簡易検査の結果、このうち5羽から鳥インフルエンザウイルスの陽性反応が出たほか、衰弱していた4羽からも陽性反応が出たということです。

この農場では、およそ1万6500羽のアヒルが飼育されていて、県はこれらの移動を制限するとともに、周辺の農場に対しても飼っているニワトリなどの移動を自粛するよう要請しました。青森県は陽性反応が出たアヒルについて、さらに詳しい検査を進めています。

青森県農林水産部は「鳥インフルエンザと確認された場合は、周辺の農場での移動制限などに速やかに対応していきたい」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:18:17  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲