2016年11月30日 (水)

113番元素「ニホニウム」に正式決定 日本が初の命名

K10010790131_1611301704_1611301705_01_02.jpg

物質の基になる元素のうち、日本の理化学研究所のグループが発見した「113番元素」について、化学に関する国際機関は、日本という言葉を取り入れた「ニホニウム」という名前に正式に決定しました。元素に、日本が命名した名前が付けられるのはこれが初めてで、アジアでも初めてのことになります。

物質の基になる元素のうち、九州大学の森田浩介教授を中心とする理化学研究所のグループが、12年前に埼玉県和光市にある大型の実験装置を使って人工的に作り出すことに成功した113番目の元素について、化学に関する国際機関、「国際純正・応用化学連合」は去年12月、正式に元素として認定し、命名権を日本に与えました。

これを受けて、理化学研究所のグループは、名前と元素記号の案をことし3月に国際機関に提出し、国際機関がふさわしいものかどうか審査を行ってきました。

その結果、国際機関は「113番元素」の名前を、日本の提案どおり、日本という言葉を取り入れた「ニホニウム」(nihonium)に正式に決定し、日本時間の30日午後5時に、ホームページ上で発表しました。

また、合わせて元素記号も日本の提案どおり、「Nh」に正式に決定しました。元素に、日本が命名した名前が付けられるのはこれが初めてで、アジアでも初めてのことになります。

今回の決定で、世界中の教科書などに掲載されている、すべての元素を一覧にした周期表に「ニホニウム」の名前が書き加えられることになります。

「ニホニウム」という名前と、「Nh」という元素記号は早速、化学に関する国際機関「国際純正・応用化学連合」のホームページにある周期表に書き加えられています。

森田教授「周期表の一席占め光栄」

113番元素を発見し、「ニホニウム」という元素名の名付け親にもなった研究グループの代表を務める九州大学の森田浩介教授は、コメントを発表しました。

この中で森田教授は、「われわれの提案した元素名が認められ、正式決定したことを大変うれしく思っております。日本発で、アジアで初めてとなる元素名が、人類の知的財産として将来にわたり継承される周期表の一席を占めることになり、研究グループの代表として大変光栄に思います」と喜びの気持ちを表しました。

また「基礎科学には、発見当時は思いもつかないようなものが、後に多大な恩恵を人類にもたらした例が数多くありますが、日々の生活や産業に即時に直接的な恩恵を与えることはまれです。このような長期的で地道な基礎科学研究を支援して下さった国民の皆様、研究所と関係府省の皆様に改めて感謝いたします」とコメントしています。

「子どもが興味持ち研究者に育つこと期待」

松野文部科学大臣は「国民からの長きにわたる支援と期待への深い感謝の意を込めて提案された『ニホニウム』という名称に決まったことを心から喜ばしく思う。新元素の命名は、欧米以外の国では初めてとなる快挙であり、多くの子どもたちが科学に興味を持ち、世界に羽ばたく次世代の研究者が育つことを期待している」という談話を発表しました。

ほかにも3つの新元素に名前

物質の基になる元素は、原子番号1番の水素から94番のプルトニウムまでが自然界に存在していますが、95番以降は、人工的に作り出されたもので、これまでに118番まで報告されています。

このうち、理化学研究所が作り出した113番元素と115番、117番、118番の合わせて4つの元素については、去年12月、化学に関する国際機関「国際純正・応用化学連合」が、新たな元素として正式に認定し、元素を発見したそれぞれの研究グループに命名権を与えました。

そして国際機関では、それぞれの研究グループから寄せられた名前の案が、元素の名前としてふさわしいものかどうか審査したうえで、30日に113番元素の名前を「ニホニウム」に正式に決定したことを発表するとともに、115番、117番、118番の元素についても、正式な名前を決定したことを発表しました。

115番、117番、118番の3つの新元素は、いずれもロシアとアメリカの共同研究グループが発見したものです。

このうち、115番元素の名前は、共同研究の拠点となったロシアの首都モスクワの地名から「モスコビウム」(moscovium)になりました。

117番元素の名前は、いくつもの研究拠点があるアメリカ・テネシー州の地名から「テネシン」(tennessine)になりました。

また118番元素の名前は、元素の発見で大きな貢献があったロシアの現役の科学者、ユーリ・オガネシアン氏の名前から「オガネソン」(oganesson)になりました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:17:04  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲