2016年12月16日 (金)

川内原発2号機 原子炉を停止して定期検査入り

K10010808881_1612161040_1612161048_01_02.jpg

去年、再稼働した鹿児島県にある川内原子力発電所2号機は16日未明、発電と送電を止めて定期検査に入り、午前5時すぎには原子炉も停止しました。

鹿児島県にある川内原子力発電所は新しい規制基準の下で去年、全国の原発で初めて1号機と2号機が再稼働し、このうち1号機は、ことし10月から定期検査が行われ、今月8日に運転を再開しました。

これに続いて、2号機も16日未明、発電と送電を止めて定期検査に入り、午前5時すぎには原子炉が完全に停止しました。

2号機の定期検査では、原子炉や発電用タービンなどの123項目の検査が行われるほか、157体の燃料のおよそ3分の1を取り替える作業も行われます。

また、鹿児島県の三反園知事の要請を受け、1号機でも行われた熊本地震の影響などを調べる特別点検が併せて行われることになっています。

九州電力は今後の検査で問題がなければ、来年2月下旬に2号機の原子炉を起動して運転を再開し、3月24日には、すべての検査を終える計画です。

川内原発をめぐって、三反園知事は、専門家が安全性を評価する県独自の検討委員会を近く設置する考えで、2号機の運転再開の前に何らかの判断を示すかが焦点となっています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:05:49  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲