2016年12月27日 (火)

原発再稼働めぐり 新潟県知事と東電が1月5日会談へ

K10010821281_1612271309_1612271310_01_03.jpg

新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所の再稼働に慎重な姿勢を示している新潟県の米山知事と、東京電力会長らとの初めての会談は、来月5日に行われることが決まりました。

これは27日に東京電力が発表しました。
両者の初会談は、福島県沖での地震の対応や、新潟県内で鳥インフルエンザウイルスが検出されたことへの対応で、先月2回にわたって延期されましたが、調整の結果、来月5日に新潟県庁で行われることになりました。
東京電力からは、數土文夫会長や廣瀬直己社長が出席する予定です。

柏崎刈羽原発の再稼働をめぐっては、東京電力は経営再建の柱と位置づけ、再稼働には「地元の同意」が不可欠と考えていて、会談では再稼働に慎重な姿勢を示している米山知事からどのような発言が出るのか注目されます。

投稿者:かぶん |  投稿時間:12:59  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲