2017年01月11日 (水)

ミニロケット きょうの打ち上げ取りやめ 強風のため

K10010835071_1701111222_1701111222_01_03.jpg

超小型衛星を安い費用で打ち上げようと、JAXA=宇宙航空研究開発機構が新たに開発した世界最小クラスのミニロケットは、11日午前8時48分に鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられる予定でしたが、風が強まるおそれがあったため、直前になって打ち上げが延期されました。

打ち上げが延期されたのは、JAXA=宇宙航空研究開発機構が超小型衛星を打ち上げるために新たに開発した高さ9メートル50センチのミニロケットです。

ミニロケットは鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から11日午前8時48分に打ち上げられる予定でしたが、直前の午前8時45分ごろ、打ち上げが延期されました。JAXAによりますと、上空や地上付近の風が強まるおそれがあり、気象条件が整わなかったということです。

新たな打ち上げ日はまだ決まっていませんが、JAXAは改めて打ち上げの準備を整える必要があるため、今月14日以降になるとしています。

今回のミニロケットは、人工衛星を打ち上げるものとしては世界で公表されているロケットの中でも最小クラスで、高さ35センチ、重さが3キロという手で持ち運べるほどの超小型衛星が搭載されています。

ミニロケットの開発と打ち上げにかかる費用は衛星を含めておよそ4億円と、JAXAのほかの人工衛星の打ち上げに比べて数十分の1に抑えられています。

超小型衛星には通信や地球観測による新たな宇宙ビジネスの市場を広げると世界で関心が高まっていて、JAXAは今回の打ち上げで得られる技術を民間企業に活用してもらいたいとしています。

内之浦宇宙空間観測所の峯杉賢治所長は「風の影響で、1段目と2段目の落下地点が予定していた海域から外れる可能性があり、打ち上げを延期した。天候を慎重に判断して、次の打ち上げ日を決めたい」と話していました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:08:49  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲