2017年01月13日 (金)

JAXAのミニロケット 15日に打ち上げへ

K10010838411_1701131629_1701131631_01_02.jpg

天候の影響で打ち上げが延期されている、JAXA=宇宙航空研究開発機構が新たに開発した世界最小クラスのミニロケットは、15日、鹿児島県の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられることになりました。

 

打ち上げが延期されているのは、JAXA=宇宙航空研究開発機構が超小型衛星を打ち上げるために新たに開発した高さ9メートル50センチという世界最小クラスのミニロケットです。

ミニロケットは、当初、11日に鹿児島県肝付町の内之浦宇宙空間観測所から打ち上げられる予定でしたが、風が強まるおそれがあったため、直前になって打ち上げが延期されました。

JAXAは、天候などの条件が整う日を慎重に検討していましたが、新たな打ち上げの日時を15日日曜日の午前8時33分とすることを決めました。

今回のミニロケットには、高さ35センチ、重さが3キロという手で持ち運べるサイズの超小型衛星が搭載されています。

超小型衛星をめぐっては、電子部品の小型化や高性能化が進む中、低価格で高い機能が期待できることから、新たな宇宙ビジネスの市場を広げると世界で関心が高まっていて、JAXAは、今回の打ち上げで得られる技術を民間企業に活用してもらいたいとしています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:16:15  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲