2017年01月24日 (火)

防衛通信衛星は予定の軌道に 打ち上げ成功

K10010851261_1701241926_1701241927_01_03.jpg

防衛省が、部隊どうしの情報共有のために初めて独自に導入する防衛通信衛星が、24日午後に鹿児島県の種子島宇宙センターからH2Aロケットの32号機で打ち上げられ、衛星は予定どおり地球を回る軌道に投入され、打ち上げは成功しました。

防衛通信衛星を載せたH2Aロケットの32号機は、24日午後4時44分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、合わせて4本の補助ロケットやロケットの1段目を切り離しながら上昇を続けました。
そして、打ち上げからおよそ30分後、防衛通信衛星を地球を回る予定の軌道に投入して打ち上げは成功しました。

今回、防衛省や打ち上げを行った三菱重工業は、安全保障に関わる衛星の打ち上げだとして、衛星を切り離した正確な時間や高度などの情報を明らかにしていないほか、ロケットから地上に届いた映像も公開していません。

24日に打ち上げられた防衛通信衛星は、防衛省が初めて独自に導入するもので、広い範囲に展開する部隊どうしの情報共有に使われます。防衛省は、現在、民間企業が打ち上げた3機の通信衛星を利用していますが、このうち2機が設計上の寿命となっているため、通信の強化も狙って新しい衛星が整備されることになりました。

新しい衛星では、高速で大容量のデータのやり取りができるため、弾道ミサイルの発射情報の伝達や、海外に展開する部隊の動画の伝送などがより速やかに行えるようになるということです。

防衛通信衛星は「きらめき」と名付けられ、合わせて3機の打ち上げが計画されています。当初は、去年7月に「きらめき1号」の打ち上げが予定されていましたが、輸送中に一部が壊れるトラブルが起きたため、今回、「きらめき2号」が先に打ち上げられました。
防衛省では残る2機の「きらめき」のうち、「1号」については来年にヨーロッパのアリアンスペース社のロケットでの打ち上げを目指しているほか、「3号」については4年後の2021年の打ち上げを目指しています。

防衛副大臣 「重要通信に使用」

打ち上げが成功したことについて、若宮防衛副大臣は、午後6時半すぎから種子島宇宙センターで開かれた記者会見で、「国内外での部隊行動に関わる重要な通信に使用する予定だ」と述べました。

この中で若宮防衛副大臣は、「今回の衛星は防衛省として初めて保有する衛星だ。陸海空・自衛隊の統合運用に資する形で、部隊の指揮統制や情報支援など、国内外でのさまざまな部隊行動に関わる重要な通信に使用する予定だ。今回の成功は、わが国の国益を高め、各国との協力活動を推進するものとして大変重要な位置づけだ」と述べました。
そのうえで、「現在、無事に衛星からの信号も確認されている。さらに、静止軌道上での性能確認試験を行ったあと、およそ15年間、運用する予定だ」と述べました。

防衛省によりますと、打ち上げられた防衛通信衛星は、これからおよそ2か月間、性能確認の試験を行ったあと、本格的に運用されるということです。

三菱重工「無事打ち上げ 大変安ど」

種子島宇宙センターで行われた記者会見で、H2Aロケットの打ち上げを行った三菱重工業、防衛・宇宙ドメインの阿部直彦副ドメイン長は「無事打ち上げることができ、大変安どしている。H2AとH2Bを合わせると、今回の成功で、32機連続の打ち上げ成功となった。今後も短い間隔で打ち上げが続くが、引き続き、安定的な打ち上げができるようにしたい」と述べました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:17:20  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲