2017年01月24日 (火)

カメラ進めず 福島第一原発2号機調査きょうは取りやめ

K10010850711_1701241816_1701241818_01_03.jpg

東京電力福島第一原子力発電所の事故で溶け落ちた核燃料の取り出しに向けて、24日から2号機で始まった格納容器の内部をカメラで確認する調査は、配管の入り口付近でカメラを先に進められなくなるトラブルがあり、東京電力は、原因を調べるため24日の作業を取りやめました。

福島第一原発2号機では、24日から26日にかけて、棒状の装置の先端に取り付けたカメラを遠隔操作で格納容器の内側に入れ、内部の状況や事故で溶け落ちた核燃料の撮影を試みる計画でした。

しかし、東京電力によりますと、24日朝に格納容器の内部に通じる配管にカメラを入れる作業を開始したところ、配管の入り口付近でカメラを先に進めることができなくなったということです。

東京電力は、24日は格納容器の内側までカメラを進める予定でしたが、24日の作業をとりやめ、25日も原因を調べたうえで、26日以降の作業を実施するかどうか検討するとしています。

東京電力によりますと、配管の入り口の直径はカメラの直径よりわずかに大きい十数センチですが、これまでの模擬の装置を使った訓練で問題はなかったということです。

今回の調査はカメラで格納容器の内部を確認した際に、溶けた核燃料と内部の構造物が混じり合った燃料デブリと呼ばれる塊が事故後、初めて捉えられる可能性があるとして注目されています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:18:04  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲