2017年01月26日 (木)

移植臓器を異種間で作り治療に成功 世界初 東京大学

K10010853451_1701260956_1701261010_01_02.jpg

体のさまざまな組織になるマウスのiPS細胞を使って種が異なるラットの体内で臓器の「すい臓」を作り出しその一部をマウスに移植して糖尿病を治療することに東京大学のグループが世界で初めて成功しました。今後、ブタの体内で移植用のヒトの臓器をつくる研究を進めるうえで大きな成果だとしています。

この研究を行ったのは、東京大学の中内啓光教授らのグループです。グループでは、あらかじめすい臓ができないよう遺伝子を操作したラットの受精卵にマウスのiPS細胞を入れ、体内にマウスのすい臓をもつラットを作り出すことに成功しました。
そしてこのすい臓からインスリンなどを分泌する膵島と呼ばれる組織を取り出して糖尿病のマウスに移植したところ血糖値が正常に維持できるなど症状が改善したということです。

グループによりますとマウスとラットは、種としては、ウシとヒツジくらい遠い関係にあるということで、種が異なる動物の体内で移植用の臓器を作り出し、病気の治療効果が確認できたのは世界で初めてだということです。

グループでは、今後、ブタの体内でヒトの移植用の臓器をつくる研究を進めるうえで大きな成果だとしています。中内教授は「種類の異なる動物の体内で移植用の臓器を作り出すことが現実に可能だと示せた。国内でヒトの移植用の臓器を動物の体内で作る研究を進めるには国の指針の改定が必要だったり倫理的な問題を解決したりしなければならず国民の理解が必要だ」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:07:13  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲