2017年01月31日 (火)

"地球の酸素が月に到達" 大阪大学などのグループ発表

K10010858471_1701310514_1701310515_01_03.jpg

10年前に打ち上げられた日本の月探査衛星「かぐや」の観測データを解析した結果、地球にある酸素が太陽エネルギーによって吹き飛ばされ、月にまで到達していることがわかったと、大阪大学などのグループが発表しました。研究グループは「生命活動で生まれた酸素が遠く離れた月に影響を及ぼしているという、ロマンをかきたてられる発見だ」としています。

大阪大学大学院理学研究科の寺田健太郎教授などのグループは、10年前に打ち上げられた日本の月探査衛星「かぐや」の観測データを基に、月の周りにあるガスの種類を詳しく解析しました。

その結果、酸素のイオンがわずかに含まれていて、その量は太陽と地球、それに月がこの順にほぼ一直線に並んだときにだけ増えることがわかりました。

さらに、この酸素はもともと月の周辺にごくわずかに存在するものとは特徴が異なるということで、研究グループは地球にある酸素が太陽エネルギーによって吹き飛ばされ、38万キロ離れた月にまで到達していることが確認できたとしています。

寺田教授は「地球上の酸素の多くは植物が光合成によって作り出したもので、生命活動が遠く離れた月に影響を及ぼしていることが明らかになった。ロマンをかきたてられる発見だ」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:04:38  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲