2017年01月31日 (火)

がん研究会 AIで患者ごとに最適な治療法提案へ

K10010859501_1701311811_1701311813_01_03.jpg

がんの手術数が国内で最も多い有明病院を運営する、がん研究会は、人工知能に医師が選んだ最新のがん治療に関する論文を読み込ませ、患者一人一人に最適な手術法や抗がん剤治療を提案するプロジェクトを始めると発表しました。2021年までに肺がんと乳がんで実用化を目指すということです。

これは、東京・江東区のがん研有明病院などを運営するがん研究会と人工知能の開発を手がける「FRONTEOヘルスケア」が会見で明らかにしたものです。

プロジェクトでは、がん研究会の専門の医師が、信頼度が高いと選び出したがん治療の最新の研究成果などに関する論文を人工知能に読み込ませます。

そのうえで、がんのステージに合わせ、遺伝情報なども考慮した患者一人一人に最適な手術法や抗がん剤治療などを人工知能に提案させるということで、2021年までに肺がんと乳がんの分野で実用化を目指しています。

がん研究会の野田哲生所長は「最新の知見が次々と発表される中、1人の医師がすべての情報を把握して治療にいかすのは難しくなってきている。人工知能の支援を活用して個人に合った治療が受けられる患者の数を増やしたい」と話していました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:17:40  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲