2017年02月01日 (水)

直接肌に貼るシート状電子回路開発 体調把握に応用期待

K10010861031_1702011857_1702012035_01_02.jpg

ばんそうこうのように人の肌に直接貼れるシート状の電子回路を早稲田大学のグループが開発し、高齢者やスポーツ選手などが体の調子を把握するために長時間にわたって身につけられるセンサーへの応用が期待されています。

人の肌に直接貼れるシート状の電子回路を開発したのは、超高齢化社会に役立つ技術を研究している早稲田大学の岩田浩康教授らのグループです。

グループでは、1ミリの2500分の1という極めて薄い伸縮性のある樹脂製のシートを開発したうえで、電気を通す性質があるインクを使って、シート上に電子回路を印刷することに成功しました。

電子回路を印刷したシートは、大きさ数ミリほどの電子部品を組み合わせることによって血圧や脈拍などを測れるセンサーとして活用できるようになるということです。

シートは、接着剤を使わず、わずかな水だけで人の肌に直接貼ることができ、また、いったん肌に貼り付けば、風呂やプールに入っても簡単にははがれないということです。

研究グループでは、今後、高齢者やスポーツ選手などが体の調子を把握するために長時間にわたって身につけられる機器の開発につなげていきたいとしています。

岩田教授は「今回開発したシートは、生産の際に難しい工程がなく、1枚当たり数百円ほどの安さにまでコストを抑えられる可能性がある。多くの高齢者が元気に暮らせる社会づくりに貢献できるよう引き続き取り組んでいきたい」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:20:35  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲