2017年02月13日 (月)

子宮頸がんワクチン訴訟 東京地裁で審理開始

K10010875301_1702132100_1702132101_01_03.jpg

子宮頸がんワクチンを接種したあと、体の痛みなどを訴えている患者たちが全国で起こした裁判のうち、東京地方裁判所での審理が13日から始まりました。患者が「責任を重く受け止めてほしい」として賠償を求めたのに対して、国と製薬会社は訴えを退けるよう求めました。

子宮頸がんワクチンをめぐっては、接種後に体の痛みなどを訴える患者が相次ぎ、全国4つの裁判所で合わせて119人の患者が、国と製薬会社2社に賠償を求める訴えを起こしています。

このうち東京では13日から審理が始まり、中学生の時にワクチンを接種した原告の園田絵里菜さん(20)は「今も脱力感や関節痛などに苦しめられ、移動にはつえや車いすが必要です。国や製薬会社はこのような症状にした責任を重く受け止めてください」などと訴えました。

これに対して国と製薬会社2社は、いずれも訴えを退けるよう求めました。このうち、国はワクチンと健康被害との関係を否定しました。また、製薬会社側は「国内外でワクチンの有効性は支持されていて、接種と原告らの症状との間に関連性は確認されていない」などと主張しました。

原告「被害の実態と深刻さ知ってほしい」

裁判のあとの会見で、原告の園田絵里菜さん(20)は「体の痛みなどこの5年間に30以上の症状が出ています。製薬会社はさまざまなデータを示していますが、きょうの法廷では裁判官に数字が示しているのは人間だということを伝えられたと思います。私たちを生きている人間として見てほしい」と訴えました。

また、体調を崩したため法廷で意見を述べることができなかった酒井七海さん(22)の父親の秀郎さんは「いまだに脱力症状や呼吸困難など予測できない症状があり、今回は発作が強いと呼吸が止まるかもしれないと医者から言われました。被害の実態と深刻さを知ってほしい」と話していました。

「副反応出ないこと立証していく」

裁判のあと、2つのワクチンのうち1つを製造しているグラクソ・スミスクラインの弁護士は「ワクチンの高い予防効果は医学的に確立している。安全性についても、多数の臨床試験や、各国の評価機関などによる検討を通じて確立している。今後の裁判ではワクチンの有効性や、原告が主張している症状が副反応として出ないことなどを立証していきたい」と話しました。

また、もう1つのワクチンを製造しているMSDの弁護士は「170万人以上を対象とした試験で、原告が主張する症状とワクチンとの間には関連性はないとされていて、今後の裁判の中でも主張に沿う証拠を提出していきたい」と話しました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:20:59  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲