2017年02月15日 (水)

インド 一度に100機超える衛星の打ち上げに成功

K10010877611_1702151633_1702151634_02_01.jpg

インドは、100機以上の人工衛星を搭載したロケットを打ち上げ、すべてを軌道に乗せることに成功し、衛星打ち上げの技術をアピールしました。

インド南部アンドラプラデシュ州のスリハリコタにある宇宙センターで15日、人工衛星104機を搭載したロケットが打ち上げられました。

搭載された人工衛星は、700キロを超えるインドの観測衛星のほか、アメリカやオランダ、それにUAE=アラブ首長国連邦など6か国から依頼を受けた小型衛星です。

ロケットは、およそ28分で上空524キロに到達する間に、人工衛星を28か所の軌道に乗せることに成功しました。

100機を超える人工衛星を一度に打ち上げるのは世界的に極めてまれだということで、打ち上げ後の記者会見で、インド宇宙研究機関のクマール長官は「われわれは、衛星打ち上げの市場に大々的に参入しようとしている」と述べ、衛星打ち上げの技術をアピールしました。

衛星の打ち上げビジネスに力を入れているインドは、日本や欧米と比べて格段に低いコストで開発を進めていることで知られていて、市場の平均よりも20%ほど安く提供しているとされています。

インドは、今回一度に100機を超える人工衛星の打ち上げに成功したことをアピールすることで、商業衛星の打ち上げの国際的なニーズを取り込む狙いがあると見られています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:16:33  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲