2017年02月15日 (水)

原子力規制委員長 東電の説明の誤り「非常に重症」

K10010878021_1702152201_1702152231_02_01.jpg

新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所の緊急時の対応拠点の耐震性をめぐり、東京電力が誤った説明をしてきたことに対し、原子力規制委員会の田中委員長は「非常に重症だ」と述べ、今後、東京電力の組織の面について、より慎重に審査していく考えを示しました。

柏崎刈羽原発6号機と7号機についての原子力規制委員会の審査で、東京電力は14日、緊急時の対応拠点「緊急時対策所」とする計画の2つの建物のうち、免震構造の建物について、想定したすべての地震の揺れに耐えられないという結果が3年前に得られていたのに、部門どうしの情報共有ができていなかったため、これまで誤った説明をしてきたと明らかにしました。

これについて規制委員会の田中俊一委員長は、15日の記者会見で「わかった時点で報告すべきだ。そういうことをもっと謙虚にしてもらわないと審査ができない。非常に重症だと思っている」と指摘しました。

そのうえで、柏崎刈羽原発の審査では、これまでにも地震による防潮堤への影響をめぐり、審査をやり直したことなどを挙げ「こうした問題は何度か繰り返されており、深刻にとらえないといけない」と述べて、今後、東京電力の組織の面について、より慎重に審査していく考えを示しました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:21:37  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲