2017年02月18日 (土)

犬のストレス測定するセンサーを開発

K10010881631_1702181630_1702181634_02_01.jpg

取り付けたり外したりすることが可能なセンサーを使い、ペットの犬が感じるストレスなどを知ることができる技術を、大阪府立大学などの研究グループが開発しました。

開発を行ったのは、大阪府立大学獣医臨床センターの島村俊介准教授と大手電機メーカー、シャープなどのグループです。このグループは、ペットの犬が感じるストレスなどを知る方法について研究を進めています。

ストレスなどの指標について、人の場合は心拍の変化を測定する方法が知られていますが、犬はふだんから心拍の変化が大きいため、指標とすることが難しいとされています。

このため、グループでは、犬の体に取り付けたり外したりすることが可能な心電図を測定するセンサーを開発して心電図のデータを集め、心拍の間隔のわずかな変化を測定しました。そして、誤差を減らすため、特殊な解析を行ったところ、犬が緊張しているかリラックスしているかなど、正確な評価ができるようになったということです。グループでは、このセンサーを数年以内に実用化したいとしています。

開発した島村准教授は「このセンサーを使えば、犬と飼い主のコミュニケーションがより深まるだけでなく、犬の病気のサインをいち早く知ることができる。さらに改良を続けたい」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:18:19  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲