2017年03月07日 (火)

佐賀 玄海町長 原発再稼働に同意を九州電力に伝える

K10010901451_1703071256_1703071259_02_01.jpg

佐賀県にある玄海原子力発電所の3号機と4号機について、地元、玄海町の岸本英雄町長は7日午前、再稼働に同意することを九州電力に伝えました。今後は佐賀県の山口知事が、県内すべての市長や町長の意見などを踏まえ最終的に判断するものと見られます。

原子力規制委員会の審査に合格した玄海原発3号機と4号機について九州電力は地元の玄海町に再稼働への同意を求め、町議会は先月、これを容認することを賛成多数で決めました。

関係者によりますと、これを受けて、岸本英雄町長は、7日午前、九州電力の瓜生道明社長に再稼働に同意することを電話で伝えたということです。

今後、佐賀県の山口知事は、県内すべての市長や町長から意見を聞くほか、県の第三者委員会などでの議論を踏まえて再稼働への同意を最終的に判断するものと見られます。

玄海原発の再稼働をめぐっては、市のほとんどが原発から30キロ圏内に入る佐賀県の伊万里市など一部の自治体から反対する声が上がっていますが、いずれも山口知事の判断には従うとしています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:12:52  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲