2017年03月20日 (月)

生活習慣データで個人を識別 新技術の実証実験

K10010918161_1703201705_1703201718_02_01.jpg

インターネット上のサービスを利用する際に、流出のおそれがあるIDやパスワードの代わりに、生活習慣のデータで個人を識別する「ライフスタイル認証」という新しい技術の実証実験が東京都内で行われていて、より安全で便利な本人確認の実現につながるか、注目されます。

この実証実験は、東京大学が13の企業と共同で、東京や大阪の商業施設で行っています。開発が進められている「ライフスタイル認証」は、スマートフォンで、買い物の支払いなどをする際に利用者の生活習慣を蓄積したデータと照らし合わせて個人を識別する技術です。

例えば、スマホの位置情報が、自宅や職場などふだんの行動範囲から離れていないかや、購入しようとしている商品がこれまでに見た広告やサービスの利用実績と合致しているかを点検し、大きくかけ離れていると判断した場合は、改めてログインを求めます。

今回の実験では、技術の仕組みを広く紹介するのが狙いで、専用のアプリをスマホに取り込んで、自分の星座を登録した人が、現場に設置されたモニターに近づくと、即座に個人を識別し、星座占いが表示されます。

今後は、どういった情報の組み合わせが認証の精度を高めるのに有効かを検討し、スマホを紛失した場合に、他人の不正利用を防ぐ技術も確立して、3年以内の実用化を目指すとしています。

本人確認の技術は、IDやパスワードのほかに、指紋や静脈の形などによる「生体認証」も実用化が進んでいますが、新たな流出のリスクも指摘されていて、スマホからわかる生活習慣で個人を識別するこの技術が、より安全な本人確認の実現につながるか注目されます。

東京大学大学院の山口利恵特任准教授は「IDとパスワードや生体情報のように1つの要素だけでの認証は破られる危険性があり、新たなシステムが必要だ。今後は、どんな個人情報を扱っているかを利用者にわかりやすく説明し、実用化を目指したい」と話しています。

“ピース写真” から指紋流出のリスク

“ピース写真” から指紋流出のリスク
IDやパスワードに代わる本人確認の技術としては、指紋による認証が幅広く普及していますが、専門家は、ブログなどに載せた写真から指紋の情報が盗まれるリスクがあると指摘しています。

指紋を使った認証は、スマートフォンやパソコンのほか、マンションの入出管理や買い物の支払いなどさまざまな場面に利用されています。しかし、専門家は、ブログやソーシャルメディアに投稿した写真の“ピースサイン”などから、指紋の情報が盗まれるリスクがあると指摘しています。

国立情報学研究所の越前功教授によりますと、5メートル以上離れた場所からデジタルカメラで撮影した場合でも、ピントが指の付近に合っていて十分な明るさがあれば、指紋の情報を抜き出すことが可能だということです。

そして、情報が悪用されれば、例えばマンションに侵入されたり、有名人の指紋情報が売り買いされたりするおそれもあるとしています。

越前教授は「指紋の情報はいったん流出してしまうと変更ができない。安全性を高めるには、複数の個人認証の技術を組み合わせることが必要だ」と話しています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:17:09  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲