2017年03月26日 (日)

「レッドリスト」海の生物を初指定 56種類

K10010924741_1703260617_1703260618_02_01.jpg

絶滅のおそれがある野生生物をまとめた環境省の「レッドリスト」で海に生息する生物が初めて評価され、大型のサメやハタの一種など56種類が、絶滅の危険性が高い「絶滅危惧種」に新たに指定されました。

環境省の「レッドリスト」は、これまで主に陸上や川、湖などに生息する生物が対象でしたが、今回、魚やさんご、甲殻類など日本の海に生息するおよそ1万種類が初めて評価されました。

このうち、昭和10年に小笠原諸島の父島の沿岸で生息が確認された「オガサワラサンゴ」は、近年の調査や一般のダイビングなどでも確認されていないことから、日本近海では絶滅したとして「絶滅種」に指定されました。
また、主に沖縄本島より南に生息し体長が最大2メートルになるハタの一種の「タマカイ」や、小笠原諸島周辺に生息する大型のサメ「シロワニ」、それに沖縄県の西表島などの沿岸に生息するチンアナゴの一種、「ゼブラアナゴ」など56種類が「絶滅危惧種」に新たに指定されました。

一方、224種については、絶滅のおそれがあるかどうか判断するための十分な情報が得られなかったとして、「情報不足」とされました。

環境省は、今後、「レッドリスト」を広く普及し絶滅危惧種などの保護を進めるとともに、「情報不足」とされた種についてはさらに情報が得られるよう調査を続けることにしています。

投稿者:かぶん |  投稿時間:05:51  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲