2017年03月29日 (水)

原発事故 東電旧経営陣の強制起訴裁判 争点整理始まる

K10010929841_1703292148_1703292151_02_01.jpg

東京電力の旧経営陣3人が、福島第一原子力発電所の事故を防げなかったとして、検察審査会の議決によって強制的に起訴された裁判で、争点を整理する手続きが29日から始まりました。3人は無罪を主張する方針で、巨大な津波を予測できたかどうかなどが争われる見通しです。

東京電力の元会長の勝俣恒久被告(77)、元副社長の武黒一郎被告(71)、元副社長の武藤栄被告(66)の3人は、原発事故をめぐって、検察審査会に「起訴すべき」と議決され、去年2月、検察官役の指定弁護士に強制的に起訴されました。3人は津波を予測できたのに適切な措置をとらず、原発事故で長時間の避難を余儀なくされた病院の入院患者など44人を死亡させたなどとして、業務上過失致死傷の罪に問われています。

この裁判の争点を事前に整理する手続きが29日から東京地方裁判所で始まり、指定弁護士と被告側の弁護士が裁判官と協議しました。協議は非公開で行われ、具体的な内容は明らかにされませんでしたが、東京地裁によりますと、それぞれの主張に基づいて裁判の争点や証拠を整理したということです。

3人はいずれも無罪を主張する方針で、巨大な津波を予測できたかどうかや、事前に対策をとっていれば事故を防ぐことができたかどうかなどが争われる見通しです。

投稿者:かぶん |  投稿時間:21:51  | カテゴリ:科学のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲