2016年7月22日

2016年07月22日 (金)

子宮頸がんワクチン問題 担当医集め研修会

K10010605171_1607222137_1607222138_01_03.jpg

子宮頸がんワクチンを接種したあとに原因不明の痛みなどを訴える患者が相次いだ問題で、厚生労働省は、患者団体から国が指定した拠点病院に行っても十分診療をしてもらえなかったといった訴えが出ていることなどから、22日都内で担当の医師を集めた研修会を開きました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:20:50 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年07月22日 (金)

もんじゅ 点検促す信号に3か月対応せず

K10010605231_1607222032_1607222032_01_02.jpg

安全管理上の問題が相次いだ福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」で、点検を管理するシステムに機器の点検を促す信号が出ていたにもかかわらず、3か月にわたり対応していなかったことが分かりました。点検は期限内に行われましたが、原子力規制庁はすぐに対応しなかった経緯について報告を求めています。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:20:29 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年07月22日 (金)

がん患者の「5年相対生存率」 推計で62.1%に

K10010604031_1607220523_1607220524_01_03.jpg

国立がん研究センターは、がん患者の命を治療によってどのくらい救えたかを示す「5年相対生存率」を最新のデータで推計したところ、62.1%になると発表しました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:04:56 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲