2016年11月 2日

2016年11月02日 (水)

医療事故の報告件数 予想を大幅に下回る 報告まで30日余

K10010753861_1611021827_1611022004_01_02.jpg

すべての医療機関に患者が死亡した際の報告や原因の調査を義務づけた「医療事故調査制度」が始まって1年間の報告件数は、当初の予想を大幅に下回る380件余りで、報告するまでには平均で30日余り要していたことがわかりました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:20:04 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年11月02日 (水)

日本賞 最優秀作品はカナダ映画 ネットに翻弄される社会描く

K10010753991_1611021853_1611021859_01_02.jpg

教育コンテンツの国際コンクール、「日本賞」の授賞式がNHKで行われ、最優秀作品にカナダの映画が選ばれました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:18:43 | カテゴリ:文化のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年11月02日 (水)

福島第一原発の送電設備に亀裂 38年間点検せず

K10010753911_1611021846_1611021902_01_02.jpg

東京電力福島第一原子力発電所の送電線を支える設備で38年にわたって点検が行われていなかったことがわかり、原子力規制委員会は、施設を管理する実施計画に違反していると判断しました。設備は事故後、外部からの受電に使われていますが、震災によると見られる51か所の亀裂が見つかり、東京電力は補修を行いました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:18:18 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年11月02日 (水)

福島第一原発の「凍土壁」 地面を掘って確認へ

K10010753691_1611021715_1611021718_01_02.jpg

東京電力福島第一原子力発電所の汚染水対策として計画が進められている「凍土壁」について、国と東京電力は今月、凍結の状況を正確に把握するため、地面を掘り下げて、実際に目視での確認を行うことになりました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:16:40 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年11月02日 (水)

気象衛星「ひまわり9号」打ち上げ成功

K10010753661_1611021607_1611021609_01_03.jpg

気象衛星「ひまわり9号」を載せたH2Aロケットの31号機が、2日午後3時20分、鹿児島県の種子島宇宙センターから打ち上げられ、午後3時48分ごろ、予定どおりに衛星を切り離して打ち上げは成功しました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:16:04 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年11月02日 (水)

News Up 世界の見方が変わる?新しい世界地図

K10010753391_1611021330_1611021344_01_02.jpg

私たちが日常的によく目にする「メルカトル図法」の世界地図は、緯度が高くなるほど大陸の面積が拡大され、形がゆがむ欠点があります。できるだけ正しく、ゆがみの少ない世界地図ができないか。日本人が新たに考案した世界地図がことし、優れたデザインを表彰する「グッドデザイン賞」の大賞に選ばれました。正確な地球の全体像を示すだけでなく、世界の見方が多様にあることを示して、高く評価されました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:14:19 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年11月02日 (水)

大河ドラマ「西郷どん」の主演に鈴木亮平さん

K10010753321_1611021221_1611021233_01_03.jpg

再来年に放送されるNHKの大河ドラマ「西郷(せご)どん」の主人公で、幕末から明治時代のはじめにかけて活躍した西郷隆盛の役を、俳優の鈴木亮平さんが演じることになりました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:12:33 | カテゴリ:文化のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2016年11月02日 (水)

宝石サンゴ 人工増殖につながる成果 高知

K10010753041_1611020445_1611020447_01_03.jpg

乱獲や密漁で資源量の減少が懸念されている、高級な宝飾品に使われる「宝石サンゴ」を人工的に増やそうと、高知県の研究所がサンゴを切断したうえで海に沈める実験をしたところ、半年後に組織の数などが増えているのが確認されました。研究所は「資源保護につながる技術だ」として期待を寄せています。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:04:47 | カテゴリ:文化のニュース
固定リンク | コメント(1) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲