2017年1月31日

2017年01月31日 (火)

野生のネコが動物くわえる写真 アマミノクロウサギか

K10010859931_1701312146_1701312150_01_03.jpg

鹿児島県の徳之島で国の特別天然記念物のアマミノクロウサギと見られる動物を、野生化したネコがくわえている様子をとらえた写真が初めて撮影されました。徳之島は奄美大島などとともに世界自然遺産への推薦が決まっていて、環境省は野生化したネコの捕獲など対策を進めることにしています。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:21:35 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2017年01月31日 (火)

東電 原子力事業の再編に向け廃炉事業などで他社と協力

K10010859891_1701312109_1701312128_01_02.jpg

東京電力の廣瀬直己社長は、31日東京都内で行われた記者会見で、ほかの電力会社との原子力事業の再編や統合に向けて、今後、廃炉事業などで協力していきたいという考えを示しました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:21:28 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2017年01月31日 (火)

もんじゅ廃炉 規制委が6月までに具体的計画申請を求める

K10010859841_1701312032_1701312036_01_02.jpg

廃炉が決まった福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」について、原子力規制委員会は、事業者の日本原子力研究開発機構に対し、作業に遅れが出ないよう、ことし6月までに廃炉の具体的な計画を申請するよう求めました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:20:05 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2017年01月31日 (火)

米入国禁止 国際天文学連合が懸念表明する声明

K10010859661_1701311918_1701311928_01_03.jpg

アメリカのトランプ大統領が中東やアフリカの7か国の人の入国を大統領令で一時的に禁止したことに対し、世界の天文学者でつくる国際天文学連合は「科学者の移動を制限することは、科学の発展に悪影響を与えるおそれがある」と懸念を表明する声明をホームページ上で発表しました。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:19:16 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2017年01月31日 (火)

がん研究会 AIで患者ごとに最適な治療法提案へ

K10010859501_1701311811_1701311813_01_03.jpg

がんの手術数が国内で最も多い有明病院を運営する、がん研究会は、人工知能に医師が選んだ最新のがん治療に関する論文を読み込ませ、患者一人一人に最適な手術法や抗がん剤治療を提案するプロジェクトを始めると発表しました。2021年までに肺がんと乳がんで実用化を目指すということです。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:17:40 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2017年01月31日 (火)

「こうのとり」6号機 宇宙ごみの除去実験が中断

K10010858551_1701310513_1701310514_01_03.jpg

今月28日に国際宇宙ステーションを離れ、宇宙ごみを取り除くための実験に臨んでいる日本の宇宙輸送船「こうのとり」6号機で、最も重要な宇宙空間への金属製のワイヤーの打ち出しができず、実験が中断していることが関係者への取材でわかりました。JAXA=宇宙航空研究開発機構では、実験の期限となっている来月4日まで再挑戦を試みるとしています。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:04:52 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2017年01月31日 (火)

"地球の酸素が月に到達" 大阪大学などのグループ発表

K10010858471_1701310514_1701310515_01_03.jpg

10年前に打ち上げられた日本の月探査衛星「かぐや」の観測データを解析した結果、地球にある酸素が太陽エネルギーによって吹き飛ばされ、月にまで到達していることがわかったと、大阪大学などのグループが発表しました。研究グループは「生命活動で生まれた酸素が遠く離れた月に影響を及ぼしているという、ロマンをかきたてられる発見だ」としています。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:04:38 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


2017年01月31日 (火)

溶け落ちた核燃料 原子炉の底を抜けたか ロボットで調査へ

K10010858501_1701310510_1701310512_01_03.jpg

東京電力福島第一原子力発電所2号機で、格納容器の内部をカメラで確認する調査が行われ、原子炉の真下にある作業用の床に黒みがかった堆積物が見つかりました。作業用の床がまとまってなくなっている場所があることもわかり、東京電力は溶け落ちた核燃料が原子炉の底を抜けてきて床を溶かした可能性もあるとして、今後、ロボットを使って詳しい状況を調べることにしています。

続き(NEXT)

投稿者:かぶん | 投稿時間:04:35 | カテゴリ:科学のニュース
固定リンク | コメント(0) | トラックバック(0)


ページの一番上へ▲