2016年02月26日 (金)

二・二六事件 青年将校直筆とみられる遺書見つかる

K10010422901_1602261924_1602261926_01_03.jpg

陸軍の青年将校らが政府要人を殺害した二・二六事件から26日で80年となります。このとき、牧野伸顕元内大臣の襲撃に失敗し、みずから命を絶った将校の直筆とみられる遺書が見つかりました。

見つかったのは事件の中心的な人物の1人、河野壽大尉(当時28)の直筆とみられる遺書3通で、本人と親交のあった栃木県小山市の男性の遺品の中に残されていました。
事件では、河野大尉は神奈川県湯河原町の旅館で、前年まで内大臣を務めていた牧野伸顕伯爵を襲撃したものの失敗し、9日後に陸軍の病院で自殺しました。
遺書はこれまで写し書きしか残されておらず、実物は所在が分からなくなっていました。3通の遺書はいずれもしっかりとした文字で丁寧に書かれていて、このうち宛名のない1通には「皇國ノ前途ヲ憂ル余リ、死ヲ賭シテ此ノ源ヲ絶チ」と記され、河野大尉の強い意志がうかがえます。また、「陸軍大臣閣下」と宛名が書かれた遺書には「部下七名ハ小官ノ命ニ服従セシノミニテ何等罪ナキ者ナリ」と書かれ、部下への処罰を軽減するよう求めています。
事件を研究している帝京大学文学部長の筒井清忠教授は「事件から80年たち、新たな資料が出てくることは少なくなっている。本物が残されていた経緯を調べれば当時の交流関係などを知る手がかりになる」と話しています。
この遺書は、神奈川県湯河原町の事件現場にある二・二六事件に関する資料の展示施設「光風荘」で公開されます。

投稿者:かぶん |  投稿時間:20:05  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(1) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(1)

廃藩置県の折に散見された悲しい遺恨を引きずる、悲しい事件でした。
若者の、国を思って行き過ぎるほどの気概、大尉は政府とお話し合いの余地は持てなかったのでしょうか。要人を傷つけて制圧しても、それは持論の占有と支配で、国家の首肯すべき至当性につながる良い構築を果たして得られたのでしょうか。今の世が、一つの課題について諸説異論は起これど、常に冷静で、成熟した社会人国家の群像を持っていることを、とても救いに思います。

投稿日時:2016年02月26日 22:28 | 雪うさぎ

コメントの投稿

ページの一番上へ▲