2016年04月22日 (金)

世界的歌手のプリンスさん 自宅で死亡

世界的に活躍した歌手のプリンスさんが21日、アメリカ中西部ミネソタ州の自宅で亡くなっているのが見つかりました。57歳でした。

これは、地元の警察やプリンスさんの代理人などが明らかにしました。

プリンスさん、本名プリンス・ロジャー・ネルソンさんは、1958年ミネソタ州ミネアポリス生まれ。学生時代にバンド活動を始め、1978年にレコードデビューしました。ロックンロールの枠にとらわれない多様な音楽の要素を取り入れた独特のサウンドが特徴で、1984年に発表したアルバム「パープル・レイン」は全米で1300万枚を売り上げる大ヒットとなり、人気を不動のものにしました。

デビュー当時から27種類に上る楽器を演奏できたと言われ、作詞、作曲、演奏にとどまらず音楽プロデューサーや俳優としても活躍し、多彩な才能が高く評価されていました。

世界でのレコード、CDの売り上げは1億枚を超え、アメリカ音楽界最高の栄誉とされるグラミー賞を7度にわたり受賞したほか、アカデミー賞も受賞し、2004年には「ロックの殿堂」入りを果たしています。また一時、「プリンス」という名前の使用をやめて読みがない記号のような名称に改名し、「かつてプリンスと呼ばれたアーティスト」と言われて話題となりました。近年もアルバムを発表するなど精力的に音楽活動を続けていましたが、プリンスさんは21日午前、自宅で死亡しているのが見つかったということです。

ロック界のスーパースター

「プリンス」、本名、プリンス・ロジャー・ネルソンさんは1958年にアメリカ・ミネソタ州のミネアポリスでジャズ演奏家の父と歌手の母の間に生まれました。
1978年に「フォー・ユー」でデビューし、1982年に発表した「1999」が世界的な大ヒットとなりました。
1984年には自身の人生をもとにした映画のサウンドトラック、「パープル・レイン」が全米のアルバムチャートで24週連続1位を記録し、アカデミー賞も受賞するなどスーパースターとしての地位を確かなものにしました。
ロックやファンクなど異なるジャンルの音楽を1つのサウンドに昇華したその音楽性は世界を驚かせただけでなく、ギターやドラムなどあらゆる楽器の演奏を手がけて革新的な音楽を次々と生み出し続け、多くのミュージシャンが「天才」と呼んで強い影響を受けています。
胸元をあらわにした衣装など、なまめかしさを全面に出したビジュアルも特徴で、独特の世界観はそれまでのロックスター像を大きく変えました。
1993年には名前を発音のできない記号に変えて話題を呼びましたが、2001年からは再び「プリンス」に戻して活動を続けていました。
アメリカの音楽界で最高の栄誉とされるグラミー賞を7度受賞したほか2004年にはロックの殿堂入りも果たし、これまでに発表したアルバムやシングルは世界中で1億2000万枚以上の売り上げを記録しています。
さらに、人種差別など社会問題にも取り組んでいて、こうした功績によって全米黒人地位向上協会から賞を受けています。

オバマ大統領「突然の死を悼みたい」

プリンスさんが亡くなったことを受けてアメリカのオバマ大統領は21日、声明を発表し、「世界中のファンとともにプリンスさんの突然の死を悼みたい。彼ほどポピュラー音楽に大きな影響を与え、その才能で多くの人たちを魅了したアーティストはいない。すばらしい演奏家、卓越したバンドのリーダー、そしてしびれるようなパフォーマーだった」とその死を悼みました。

音楽界から死を惜しむ声

プリンスさんが死去したことを受けて、ツイッター上には音楽界から死を惜しむ声が次々に上がっています。

ロックバンド「ローリング・ストーンズ」のボーカルのミック・ジャガーさんは「プリンスは革命的なアーティスト、偉大なミュージシャン、作曲家、すばらしい作詞家であり、驚くべきギタリストだった。しかし、最も重要なのはあらゆる面で本物だったことだ。プリンスの才能には限界がなかった。過去30年で最も独特で才能あふれるアーティストの1人だった」と記しています。

歌手のマドンナさんはプリンスさんと一緒に写った写真とともに、「彼は世界を変えた。真の先見性があった。なんという喪失か、大きなショックを受けている」と書いています。さらに、音楽プロデューサーのクインシー・ジョーンズさんは「プリンスよ安らかに。あらゆる意味で真のアーティストだった。あまりにも早く亡くなってしまった」とその死を悼んでいます。このほか、歌手のライオネル・リッチーさんは「信じられない。ショックだ。たくさんのすばらしい思い出がある。さみしくなるよ、プリンス」とつぶやくなど、音楽界や芸能界から多くの追悼のメッセージが寄せられ、衝撃が広がっています。

CD店に追悼するコーナー

アメリカ西海岸、ロサンゼルスのCD販売店ではプリンスさんを追悼するコーナーが急きょ設けられ、写真や代表作のCDなどが並べられました。店内ではプリンスさんのヒット作が繰り返し流され、訪れた人たちは作品を手に取って買い求めていました。

追悼メッセージを書き込むボードも設けられ、プリンスさんのTシャツを着た男性は「あなたと比べられるものなどない」と、プリンスさんが作詞、作曲した曲のタイトルでもあることばを記していました。

ファンの男性は「泣きました。信じられません。こんなことになるとは想像もしていませんでした。きょうは一日プリンスさんの作品を聴きます」と話していました。またファンの女性は「とても驚いています。12歳の時に初めてパープル・レインを聴きました。彼は特別でした。亡くなったなんて信じられません」と話していました。

自宅前には多くのファンが

プリンスさんの死去を受けて、アメリカ中西部ミネソタ州の自宅前には多くのファンが集まり、涙を流したり、写真を撮ったりしていました。ファンの女性は「本当だなんて信じられません。息もできないし、話すこともできません」と話していました。

また、ニューヨークのタイムズスクエアでは、電光掲示板に速報ニュースが流れ、ファンの男性は「幼いときに母が『パープル・レイン』を聴かせてくれ、リラックスできました。何時間でも聴いていたいと思いました」と話していました。ファンの女性は「プリンスは伝説でしたし、今も私たちの心の中で生きています。音楽界にとっても、プリンスを好きだった人や彼の家族にとっても大きな損失です」と話していました。

日本でも追悼の声

日本のミュージシャンなどからも突然の死を悼むコメントが相次いでいます。

ロックバンド「くるり」の岸田繁さんは、ツイッター上にプリンスさんのアルバムの画像を投稿し、「ここから自分の音楽人生が何百倍にも広がった。まるで音楽そのもののような人だった。さようならプリンス。今まで気も休まらなかっただろうけど、ゆっくりお休みください。長いことありがとう。でも少しばかりショックでかいです」とコメントを添えています。

ミュージシャンのCharaさんは「プリンスに1番影響受けましたショックですが57歳意外と人生短いとはきくけど嫌だ/嘘だと言って欲しい今日は受け止められない」とつづっています。

「オリジナル・ラブ」の田島貴男さんは「僕を含め、この人に影響を受けて作った曲が一曲はあるっていうミュージシャンが、世界中にどれくらい沢山いるんだろう。天才的な音楽の奇術師。旺盛な創作意欲。尊敬していた。まだ信じられない」と死を悼んでいます。

音楽評論家の渋谷陽一さんは、自身のブログに、「あまりにも突然で信じられない。あの若さでの死が本当に信じられない。ツアーもやっていたし、何が起きたのだろう。ショックだ」と突然の訃報に触れた心境をつづっています。

ミュージシャンが語る「プリンス像」

「プリンス論」という本を出版するほど敬愛してやまないというミュージシャンの西寺郷太さんは「来月に出るプリンスの新しいアルバムの解説文をおとといまで書いていたところだったので、『まさか』という感じで未だに信じられず、ただぼう然としています」と突然の訃報に触れた心境を語りました。

その上で、「ピアノやギター、キーボードなど、すべての楽器を世界最高のレベルで演奏でき、スティービー・ワンダーやポール・マッカートニーに並ぶ、世界中のミュージシャンが憧れるミュージシャンだったと思います。とにかく音楽が好きで、何十年と一度も休まずに音楽を作り続けた人なので、晩年まで作品を作り続けたピカソのように様々な音楽を聴かせてくれると思っていました」と、その死を悼んでいました。

そして、「プリンスに憧れてミュージシャンになった人はたくさんいるので、『羅針盤』のような人が亡くなってしまったことで、とても大きな喪失感を感じています」と話していました。

投稿者:かぶん |  投稿時間:14:23  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲