2016年04月30日 (土)

桂歌丸さん 「笑点」の司会を降板へ

K10010504901_1604301752_1604301755_01_02.jpg

落語家の桂歌丸さん(79)が、民放の演芸番組「笑点」の司会を来月の放送を最後に降板すると発表しました。落語家としての活動は今後も続けるということです。

これは桂歌丸さん本人が、30日行われたテレビ番組の収録で明らかにしたものです。歌丸さんは「笑点」に50年前の第1回の放送からレギュラーとして出演し、平成18年からは5代目の司会者を務めてきました。
去年6月には背中の手術や腸閉塞などで入院と退院を繰り返すなど、体調を崩して一時、番組を休んでいましたが、その後、復帰し、出演を続けていました。歌丸さんは降板の理由について、体力の限界と説明しているということで、関係者によりますと「寂しい気持ちはあるが、司会を若手に譲ることで番組を長く続けてもらいたい」と話しているということです。
歌丸さんが「笑点」の司会を務めるのは来月22日の放送が最後になるということで、そのあとは、「終身名誉司会」という形で番組に関わっていくということです。また、落語家として高座への出演などは続けていくということです。

投稿者:かぶん |  投稿時間:17:55  | カテゴリ:文化のニュース
コメント(0) | トラックバック (0)


トラックバック

■この記事へのトラックバック一覧

※トラックバックはありません

コメント(0)

※コメントはありません

コメントの投稿

ページの一番上へ▲